>>2018年センター試験分析へ戻る

自己採点を徹底サポート! 採点ミスを防ぐ最強ツール センター試験 自己採点ツール 試験終了後に是非ご活用ください!!
更新日時:2018/01/16 18:00  (集計:2018/01/15 08:00)

2018年度センター試験:化学 分析

問題構成は不変。設問数、マーク数ともに減少し、やや易化か。 

設問数及びマーク数が減少した。一読してすぐに解答できないような思考力が要求される問題が散見され、時間内に処理するにはそれなりのスピードが求められる内容であったとはいえ、昨年に比べると煩雑な計算が減っており、難易度は昨年よりやや処理しやすかったと思われる。
(2014年以前の平均点、設問数の数値は化学Iの値となります。)
年度 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012
平均点 62.06 51.94 54.5 62.5 69.4 63.7 65.1
前年比(点) 10.12 -2.56 -8.0 -6.9 5.7 -1.5 8.6
 
設問数
(マーク数)
第1問 6(6) 6(8) 6(6) 6(6) 6(7) 6(7) 6(7)
第2問 5(6) 6(7) 6(6) 5(6) 6(7) 7(7) 6(7)
第3問 5(6) 6(7) 6(8) 6(7) 7(7) 7(9) 7(7)
第4問 5(6) 5(9) 5(5) 6(7) 7(7) 7(10) 7(7)
第5問 2(2) 2(2) 2(2) 3(3) - - -
第6問 2(2) 2(2) 2(3) 3(3) - - -
第7問 2(2) 2(2) 2(2) - - - -
合計 27(30) 29(37) 29(32) 26(29) 26(28) 27(33) 26(28)

以下の平均点、得点率の数値は赤マル・ドットコム自動採点データに基づいて計算しています。

(「難易」は「得点率」を元にしています。昨年度試験との比較ではありません。)
第1問 配点 出題内容・テーマ 難易 平均点 得点率
24   普通 15.53 64.7%
問1、2は基本的な出題である。問3の六方最密構造は知識というよりは結晶格子の基本的な考え方で処理すべきであろう。問4は蒸気圧曲線と外圧が変化したときの水の沸点のグラフを問う問題であり、きちんとした知識がないと処理が難しい。問5は質量モル濃度の定義を正確に覚えている必要があった。問6は液体が過冷却になるということに気がつかないと解答は難しかっただろう。

問5の正答率のみが50%を割っていた。定義が問題文に与えられているとはいえ、類題の経験がないと解ききれないということであろう。その他の問題は正答率が6割を超えており、よくできていた。

第2問 配点 出題内容・テーマ 難易 平均点 得点率
24   やや易 17.25 71.9%
問2は2つの反応物のうち一方の反応物だけを増やしても、最終的な生成物の量は変わらないことに気付いたかがポイント。問3は電気伝導度を利用した中和滴定の内容であり、相当過去であるが類題が出題されている。問4はメタノールを用いた燃料電池であり目新しいものの、反応式が与えられているため、電子の物質量を求めれば容易。問5は、アンモニアの電離定数とアンモニウムイオンの加水分解定数の関係を考える問題であり、内容自体は込み入っているが式を見比べると解答できる。

問2、3の正答率が低めであった。問2は誤答者の大部分が1を選んでおり、Cの最終生成量は反応物のAだけを増やしても変わらないという点に引っかかっていたようである。問3は電気伝導度と中和という題材が目新しいものの、過去に類題が出題されている。

第3問 配点 出題内容・テーマ 難易 平均点 得点率
23   やや易 16.13 70.1%
問1はルビーやサファイアの主成分が酸化アルミニウムである知識が要求され、問2は塩素のオキソ酸に関する知識が問われる問題であり、いずれも覚えているか否かだけの問題である。問3は気体の特定ができないと問題の処理が難しい。問4bはマグネシウムとカルシウムの硫酸塩と水酸化物の溶解性の違いが出題された。これは過去に出題済みである。問5は水和物の質量変化の比に注目できたかどうかがポイントになるだろうが、見慣れない化合物物なだけに抵抗があったのではないか。

問1、2、5の正答率が60%であった。問1、2は知識の問題であり、覚えておくしかない問1はまんべんなく誤答が散らばっていた。問5は結晶水と熱分解というテーマであり、センターでは何度か出題されているが、グラフによる出題が目新しく、特に中間体の部分で混乱した学生が多かったのではないか。

第4問 配点 出題内容・テーマ 難易 平均点 得点率
19   やや易 13.98 73.6%
問1は目新しい出題形式であったが、構造式を書けば容易に正答できる。問2、3は基本事項を問うものであった。こちらも構造式が書ければ容易。問4は水素の発生量から用いたアルコールの物質量が求められることに気づけたかがポイントである。センター試験の計算問題としては解きやすいほうであったろう。問5は基本的な知識の確認問題であった。

問4の正答率が52%と低調であった。化合物Aは不飽和結合を持つことから、5の選択肢を選んだ者はすくなかったものの、誤答はまんべんなく散らばっており、この分野を苦手とする者が多いことを改めて浮き彫りにした感じである。

第5問 配点 出題内容・テーマ 難易 平均点 得点率
5   普通 3.41 68.2%
問1は合成高分子化合物の構造と合成法の基本事項に関する正誤問題であった。教科書に記載されているレベルの各化合物の性質および合成方法をきちんとを理解しておけば容易。問2は導電性高分子など高分子化合物と人間生活からの出題であったが、ヨウ素デンプン反応の知識で処理できた。いずれの問題も紛らわしい選択肢がなく、解答しやすい。

問1の正答率が低かった。アセタール化という用語に惑わされたのか、1を選んだ者が多かった。内容自体は問2の方が難しいが、有名な知識の部分で誤りがある分得点率はよかった。

第6問 配点 出題内容・テーマ 難易 平均点 得点率
5   普通 2.77 55.4%
問1は熱硬化性を示す樹脂を選ぶ基本的な問題であった。教科書に記載されている代表的な熱硬化性樹脂を覚えていたかどうかがポイントである。問2はナイロンを構成するカルボン酸のメチレン基の数を求めるもので、標準的なレベルの計算問題であった。繰り返し単位の構造式が与えられており、それに基づいた計算をすればよい。

知識問題及び計算問題のいずれも7割越えの正答率であり,この分野の学習をきちんとこなしていた感じを受ける。計算問題より知識問題のほうが得点率が良いのは例年通りである。

第7問 配点 出題内容・テーマ 難易 平均点 得点率
5   0.88 17.6%
問1はタンパク質に関する知識問題で、教科書に記載されている事項を踏まえた標準的な内容の正誤問題であった。変性の知識があるかどうかがポイント。問2はスクロースの加水分解に関する典型的な設問で、スクロースが還元性を示さないことに着目する必要があり、ここに気付かないと計算を誤ってしまうので注意が必要である。

計算問題の正答率が55%と低調であった。単糖および二糖の還元性の知識がバックにあり、考えにくいのは確かである。選択問題の難易度に差はないが、ここで引っかかってしまうと点差はついてしまうかもしれない。


自己採点を徹底サポート! 採点ミスを防ぐ最強ツール センター試験 自己採点ツール 試験終了後に是非ご活用ください!!
編集・著作:ジェイシー教育研究所
ページのトップへ戻る