>>2018年センター試験分析へ戻る

自己採点を徹底サポート! 採点ミスを防ぐ最強ツール センター試験 自己採点ツール 試験終了後に是非ご活用ください!!
更新日時:2018/01/16 18:00  (集計:2018/01/15 08:00)

2018年度センター試験:化学基礎 分析

昨年並の難易度。身の回りの物質に関する出題が増加。

大問数2題、設問数14、マーク数16で2017年と変化はなかったが、マーク数は第1問で1つ増加,第2問で1つ減少した。 全範囲からまんべんなく出題され、身近な物質や現象を題材とした問題が4題、実験操作に関する出題が1題出題された。
 
年度 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012
平均点 31.23 28.59 26.77 35.30 - - -
前年比(点) 2.64 1.82 -8.53  - - - -
 
設問数
(マーク数)
第1問 7(9) 7(8) 7(8) 7(7) - - -
第2問 7(7) 7(8) 7(8) 7(7) - - -
合計 14(16) 14(16) 14(16) 14(14) - - -

以下の平均点、得点率の数値は赤マル・ドットコム自動採点データに基づいて計算しています。

(「難易」は「得点率」を元にしています。昨年度試験との比較ではありません。)
第1問 配点 出題内容・テーマ 難易 平均点 得点率
25   やや易 19.65 78.6%
例年通りの出題である問1、2、3であった。問4はモル質量が文字式で与えられている点が文系学生に見慣れない点が、問5は教科書記載の内容を総合的に判断することで物質を特定する点が、問6は氷が水に浮くことから水と氷の密度の違いが判断が要求された点が難しかった。なお、問7は日常生活に関連する化学物質について取り上げ、これは昨年同様の出題傾向であった。

正答率が50%を割る問題は問4のみであり、よくできていた。問4はXが物質中に2つあることの処理を忘れて2の選択肢を選ぶ学生が多かった。正答率50%台の問5のイは水に溶けないという条件から4を選ぶ学生が散見された。

第2問 配点 出題内容・テーマ 難易 平均点 得点率
25   普通 16.42 65.7%
問1は物質中の原子核の数について問われた点が目新しいが、選択肢的には判断が不要である。問2、3は過去問の検討で類題処理が可能であった。問4の水溶液のpH、問7の電池の分類は解答内容が教科書記載とはいえ、決して簡単な問題とは言えないであろう。また、問5は一部教科書に記載がないものの、滴定終了時のpHを見るという処理がわかっていれば容易であった。

正答率が50%を割った問題が問6であり,これは予想外であった。誤答者の大部分が6を選んでおり、オの判断を誤った様子である。正答率が50%台の問2については,それぞれの質量を求めて足すという面倒さがあった。問5の滴定曲線は、炭酸水素が弱酸であるので滴定開始時のpHが13にならず、塩酸が強酸であることから滴定終了時のpHが1に近づくという考え方が必要であり,難しいが過去に類題が出題されている。


自己採点を徹底サポート! 採点ミスを防ぐ最強ツール センター試験 自己採点ツール 試験終了後に是非ご活用ください!!
編集・著作:ジェイシー教育研究所
ページのトップへ戻る