>>2017年センター試験分析へ戻る
更新日時:2017/01/18 11:45  (集計:---)

2017年度センター試験:地学基礎 分析

環境問題や総合問題が目立ち,計算問題も増えてやや難化

地球・岩石・地質・気象海洋・天文に加えて自然環境の6分野からまんべんなく出題された。ただし,環境問題が増えたり,総合問題が増えた結果,例年の3大問から4大問に増加した。第4問は天文と地質・地史をドッキングさせた総合問題である。また,計算問題も4問あって全体として解きにくくなり,昨年より難化した。
 
年度 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011
平均点   33.9 27.0 - - - -
前年比(点)   6.9 - - - - -
 
設問数
(マーク数)
第1問 5 8 7 - - - -
第2問 5 4 5 - - - -
第3問 2 3 3 - - - -
第4問 3 - - - - - -
合計 15 15 15 - - - -

以下の平均点、得点率の数値は赤マル・ドットコム自動採点データに基づいて計算しています。

(「難易」は「得点率」を元にしています。昨年度試験との比較ではありません。)
第1問 配点 出題内容・テーマ 難易 平均点 得点率
A 10        
B 7        
17        
Aは地球惑星物理と地質・地史分野からの出題。地球の内部構造や地震波,地球の成り立ちを扱っている。地震波速度の計算はグラフから読んだ値を使って考えさせるため難しい。Bは火成岩の分類と鉱物や火成岩の性質を扱った問題で,基本的で解きやすい問題である。例年は地質・地史の問題が第1問にいくつかあったが,今回は第1問では1小問だけで,残りは第4問に総合問題として含まれている。

大問全体としては約7割の正答率の標準的な問題であった。中でも問3は選択肢の文章がほぼ教科書通りの記述だったためか,よくできている印象である。問2のグラフ読み取りと計算は手順が複雑ではあったが,それほど解きにくくはなかったようで,比較的よくできている。Bの岩石の問題はオーソドックスで基本的な問題だったが,受験生にとって岩石分野は苦手であるためか,正答率は標準的であった。

第2問 配点 出題内容・テーマ 難易 平均点 得点率
A 9        
B 7        
16        
Aは地球温暖化という環境問題を扱った問題。問2の上昇率が低下した原因はあまり考えたことがないだろう。上昇率から気温上昇を計算させる問3は慎重にやれば難しくない。Bは気象海洋分野と自然環境・災害を扱った問題であるが,どちらかというと,異常気象や自然災害を扱っている総合問題である。特に問4は海洋の層構造や冷夏のメカニズムを知らないと何を言っているのかわからないかもしれない。以上のように,気象海洋分野はオーソドックスな問題はなかった。

環境問題や災害を扱った問題でなじみがあまりないためか,正答率が比較的低かった。問1は水蒸気が温室効果ガスであることを知らない者が多かったようだ。問2はbの文章の正誤が判断しにくかったようで,3と4を選んだ者が半々といった感じである。問3の計算はかなりできていた。問4は問題の意図がくみとれなかったのか,正答率が低かった。問5は比較的簡単だったようで9割の正答率であった。

第3問 配点 出題内容・テーマ 難易 平均点 得点率
7        
天文分野からの問題。問1は太陽の構造についての基本的な問題であるが,写真で出題されるという形式が目をひいた。問2は計算問題で,かなり桁数が多い数値を扱うため,要領よく計算しないと時間がかかって,まちがうかもしれない。計算のセンスが問われる問題である。なお,例年は第4問は3小問出題されるが,今回は第4問に総合問題として天文の問題が含まれているので,第4問は2小問になっている。

問1は写真を使用した新しい傾向の問題ではあるが,黒点が低温であることはほぼ常識なので正答率は9割ほどとよくできていた。問2は桁数が多い計算問題であるためか,1の誤答が目立ったが,比較的よくできているようだ。

第4問 配点 出題内容・テーマ 難易 平均点 得点率
10        
天文分野と地質・地史分野をからめた総合問題。ただし,問1はそのように思えるが,問2と問3は純粋な地質・地史問題である。問1は,天体からやってくる光は過去のものであるということと,地球の歴史や生命の歴史を関連づけて扱っている。設定や会話文形式が新しい。幅広い知識と応用力が試される問題だといえる。問2・問3は冷静に考えれば基本的で解きやすい問題である。

問1は天文と地史の組合せの問題であったためか,正答率が低かった。特に1か3かで分かれているので,大マゼラン雲が銀河であり銀河系外の天体であることと,オリオン大星雲が銀河系内の天体であること,および銀河系の大きさの感覚が身についていなかったと思われる。問2と問3は地質・地史の基本的な問題だったので,正答率が7~8割と比較的よくできていた。

編集・著作:ジェイシー教育研究所
ページのトップへ戻る